<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 機動戦士ガンダム00_20 | main | 機動戦士ガンダム00_ヴェーダ周辺の考察。 >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
機動戦士ガンダム00_21_(追補あり) 
『滅びの道』
ヴェーダを掌中に収めようと画策するアレハンドロとリボンズ。
瓦解していくソレスタル・ビーング。
絆を深めつつあったマイスターズなのに……なのになのになのにorz、な第21話。

リボンズ。
ティエリアと同種なんでしょうねぇ。
だけどリボンズの方がヴェーダにハックできる分、優秀なんだろうか??
それともこの流れも、イオリア・シュヘンベルグの計画に入っているんでしょうかねぇ。うーむ。

ところでヴェーダって、まん丸でハロみたいですよね。
ヴェーダについては、ちょっといろいろ考察したんで、近日中に別途記事にしたいと思います。

アレハンドロ・コーナー。
200年におよぶコーナー家の野望。
過去にシュヘンベルグとなんらかの確執があったとか??

で、ちょっと思い出したんですが。
国連大使代表としてアザディスタンを訪問し、最終的には援助するという話になってましたが、これも後々ストーリーに絡んでくるんだろうなぁ。

トリニティ組。
結局トリニティ達って、今回の計画のために用意された、アレハンドロの捨て駒だったのか。
彼らに指示を出していたラグナもサクっと抹殺されちゃったしな。
ということは、CBはもう軌道エレベータを使えなくなっちゃうとか??

沙慈・クロスロード。
これからの彼がどう行動するのか。
1シーズン丸々使ってキャラ立てしたんだから、2シーズンではかなり重要な役回りになるんですよね??
……まさか、また一般人代表とか…じゃ・・・

マイスターズ。
刹那、やっぱりマリナが心の拠り所になってるのかなぁ。
でも今回は悪い方のイメージしかなかった気が。(汗)

すっかり背景キャラだったアレルヤですが、「僕らの滅びも計画のうちなのか?」とか、やはり悲壮なセリフはこの人担当なのね。

ティエリア、彼が呆然としていたせいじゃなくて、ヴァーチェのシステムがダウンしたままだったんですよね。ナドレの兼ね合いから、他の三機よりもシステム構築が複雑なのかも。

そして、ロックオンorz

次回予告。
パンドラの底に眠るもの。
確かギリシャ神話では、「希望」が最後に箱の中から出てきたという説と、「予兆(予知)」もしくは「偽りの希望」が箱の中に残されていた、という説があるんですけど……前者であってほしいっす。(参考Wiki

+++++

【追補】2008_03_04
時間が無くて書けなかった分です。

トレミー組。
スメラギさん、やっと戦術予報士っぽい仕事したー!(笑)
クリスティナとフェルトも和やかで、女性三人組の雰囲気が良いですよね。

そしてやっとラッセのターン。
ガンダムの新装備を操縦して持って帰ってくるとは思わんかった。
砲術士という設定があるだけに、戦闘シーンもなかなか良かったです。

あとスメラギさんが連絡して!って言ってたモレノさん。
新キャラが登場するのかな??

国連軍。
コラ沢さん、「大佐のチューがぁあああああっ」って。(笑)
前回、食事だけで何もなかったのか……。

あと、元オーバーフラッグスのダッヂさん。
キャラ立てしてきたので、やばい感じに。

次回予告。
ひょっとしたら、パンドラの底に眠るものって、ヴェーダの最下層にある情報の比喩?!
| gundam00 | 12:42 | - | -
スポンサーサイト 
| - | 12:42 | - | -