<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 機動戦士ガンダム00_22 | main | 春の新作アニメ。 >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
機動戦士ガンダム00_23 
『世界を止めて』
ロックオンの名を呼び続けるハロの声で、全てを悟るマイスターズとトレミークルー。
絶え間ない慟哭が漆黒の宇宙にこだまする、まさに予告どおりの展開になってしまった第23話。

ロックオン・ストラトス。
前回心配していたことが現実になってしまった。
あの後も刹那の事だから、きっと諦めきれずに探しまくったと思うんですよ。
でも予告のティエリアと刹那の様子から察するに……本当に逝ってしまった?!
地球をハロと同じように撫でたあと、さらに狙い打たせるなんて……ちょっとその演出はシャレにならんですよ。(涙)
ところで最後の回想シーン。
家族を眺めているのはロックオン自身なのかな?
妹エイミーの横にいるロックオンに見える少年は、実はお墓参りのシーンに登場した双子?の片割れ(=ライル?)なんだろうか。

余談ですが、今度の月曜日(3/17)はアイルランド最大の祝日「セント・パトリックス・デイ」なんですよね。(参考
その前に逝ってしまうなんてorz

刹那。
もう少しでとどいたのに助けられなかった。
刹那、どんだけツライんだよ……

ハレルヤ。
ソーマの毒電波を遮断できるんだったら、なぜもっと早くやってあげなかったのー?!
実は今までアレルヤには内緒で、電波の影響をうけないように自主トレしていたとか。

アレルヤ。
「(アリー・アル・サーシェスって)何者?」って、何にも教えてもらってなかったのか? どこまでハブられ子なんだ〜
ところで今回のキュリオスの戦闘シーン、格好良かった!
やはり操縦センスは彼が一番なんですねぇ。
もうちょっとハレルヤが協力的だったら……。

ティエリア。
アレルヤとは逆に操縦センスが……。(汗)
ナドレの件を差し置いても、ティエリアがヴァーチェ担当なのは、戦闘技術を補う重装甲で彼を守ってあげないとダメだからなんだろうなぁ。
それにしても最近よく泣く。
何とかしたい、守りたい、でも自分の力及ばず……ティエリアが壊れないか心配です。

ヴェーダのブラックボックス。
イオリア爺の頭が打ち抜かれてた!
そこまでされる事態に陥らないと、ヴェーダのブラックボックス(=トランザム・システム)が開かない仕掛けになっていたんですね。なんという爺さんだ。
あとマイスターズのデータが消去されたということは、やはりオリジナル太陽炉を擁するガンダムに搭乗できる何かが、彼らのデータにはあるということなのかな??

アリー・アル・サーシェス。
ロックオンと対峙していた時に彼が言っていたことは、全部正論なんですよね。
それでもアリーが許せないのは、彼が根っからの戦争屋で、紛争という盾がなければただの殺人者でしかないということ。
だけど何が彼をそんな人間にしてしまったんだろう?
この人をプロファイルしたら一冊の本が書けそうなぐらい、実はとんでもない人生かもしれない。

コラサワ氏。
相変わらずヴァーチェがらみで吹っ飛ばされてた!
で、無事なんだろうなぁ。

モレノさん。
実はサングラスを取ったら美形だった、というお約束?とふと思ってしまったw

次回予告。
「無垢なる望み、その代償は命か」
ま、また誰か……?!
| gundam00 | 06:32 | - | -
スポンサーサイト 
| - | 06:32 | - | -
クリックして頂けると更新の励みになります!

selected entries
categories
archives
links
profile