<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< スレイヤーズR_03 | main | スレイヤーズR_04 >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
春アニメ終了分の感想。 
遅ればせながら、いつもTBでお世話になっている「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」様のテンプレ企画に便乗してコメントをアップいたします〜
といっても、最終回を迎えた作品で私が視聴していたのは「紅」と「図書館戦争」だけなんですよね。
ニ作品だけで申し訳ありませんが、評価させていただきます。
(点数は5点満点。詳細な評価項目については、上記リンク先でご確認ください)

+++++

「紅」

ストーリー_4
真九朗と紫の絆が最後までしっかりと描かれていたと思います。
両者とも過去(現在に至るまで)に深い傷を負っていたのが、それを認め、先に進もうと踏み出した最終回は良かった。
ただ最後の数話が、駆け足に感じたのがちょっと惜しかったです。
その皺寄せが、最終回の紫の説明的な長セリフになっちゃったのかなぁ、と。
ミュージカル回はとてもウケたし、好きなエピソードではあるけど、番外編としてDVDに特別収録でも良かったかも。
その1話分で、最終回に向けた演出がもっと盛り込めたように思うんですよね。

キャラクター性_5
登場人物全てにキャラが立ってて素晴らしかった!
主人公二人のみならず、脇役まで個性豊か。
特に弥生さんの要領の悪い損な性格が好きでした。

画_4
男性、女性、子ども……とそれぞれの違いがよく研究されてて、滑らかに動いていたと思います。
格闘シーンも見応えがあって良かった。

演出_5
プレスコ方式を生かした演出が随所にあって面白かった。
特に女性同士の口喧嘩のシーンは、通常の録音方式よりも臨場感があって迫力満点。
目の前で本当に喧嘩しているみたいでした。

音楽_3
うーん、あんまり印象に残ってないんですよねぇ。
懸案のOPEDですが、レッドガーデンと同じ演出だったので、そうと知ってしまえば特に違和感はありませんでした。(笑)

総合的な評価_4
今期、一番大穴的な作品でした。
やはり最後駆け足になっちゃったのが本当に惜しかった。
という訳で、総合評価は4点。

総合点_25。

+++++

図書館戦争

ストーリー_3
本の過剰な検閲から図書館を護る……という設定は面白いと思いました。
でも最後まで「戦争ごっこ?」というイメージが拭えずこんな評価に。
戦場(職場)で芽生えた上司と部下の恋愛ストーリー。
教官とのエピソードはお約束満載でしたが、取り合えず綺麗にまとまっていたかな、と。

キャラクター性_4
こちらも個性豊かなキャラがちゃんと立ってて良かったと思います。
ただ、キャラの表現がワンパターンだったのがちょっと惜しい。
例えば、小牧さんはいつも堂上と郁を比べて笑っていたり、普段は巨女で山猿の異名を持つ郁が窮地に立つとすぐに泣いたりとか……毎回だとちょっと鬱陶しかったです。

画_5
プロダクションI.Gだけあって、レベルが高くて良かったです。
特に自衛隊を彷彿とさせるヘリや銃器類の表現はさすがでした。

演出_3
声優さんの演技は申し分ありませんでした!
キャラにピッタリだったと思います。
最終回、郁がインタビューに応えて、それに世論が同調していくという演出は、最後の最後にスッとさせられて気分的に救われました。

音楽_2
EDテーマ『Change』だけしばらくの間ヘビロテしてました。(笑)
あとはあんまり印象に残らなかったなぁ。

総合的な評価_3
やはり設定が少々厳しかったかも。
あまりにも現代すぎて、そのわりに現実感が乏しくて。
でも堂上と郁の今後を観てみたいなぁと思わせるラストで良かったと思います。

総合点_20。

以上です。
| other | 06:18 | - | -
スポンサーサイト 
| - | 06:18 | - | -