<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
機動戦士ガンダム00_19 
『絆』
過去に家族という絆を失ったロックオンと刹那が互いの柵から和解し、ヴェーダとの絆が破綻しそうなティエリアが二人に絆(ほだ)されて笑みを浮かべる。
ギクシャクしていたマイスターズの関係が、ガンダムという絆で結ばれるのか。
そして沙慈という絆を断ち切るルイス。
様々な絆に一喜一憂させられた、そんな第19話。

刹那とティエリアの共闘。
こういうシチュエーションは燃えますね!
トレミークルーも、あとから参戦したロックオンも、今回の刹那の暴走に対しては「よくぞやってくれた!」といった感じ。
やはりトリニティの行動には、相当鬱憤が溜まってたんだなぁ。

トライアルシステム。
ガンダムマイスターを審判(=トライアルtrial)するガンダム、それがナドレだったんですね。
あのガンダムを制御不能にするなんて、どんだけ凄いシステムなんだよ! つーか、無敵すぎるし。(だから人革連の鹵獲作戦の回で一度お目見えさせといて、いきなり感を無くしておいたんですねぇ)
で、そのシステムを使わせて貰えるティエリアって、やはり特別なマイスターなんだなぁ。ナドレの時は何かが憑依してるっぽいし。
最初はヴェーダが憑依しているのかと思ったけど……ちょっと違う感じ??

アレハンドロ・コーナー。
そのトライアルシステムがダウンした時のニヤリ口はこの人でした。
第一期の黒幕決定ですね。
三大国家群にヤドカリ(擬似GMドライブ)を配布したのもこの人でしょう。

トリニティ達。
なぜ刹那に、なぜナドレに攻撃されたのか、全く理解できない三人。
この三人の感情の欠け具合が怖い。
自分達の行動が一番正しいと、苦悩も迷いもない表情がかえって狂気を感じる。

そういえば王留美も、彼らとリアクションがソックリですよね。
多数の犠牲者を出したミッションの後でも、彼女がスメラギさんのように苦悩や迷いを感じている描写が一切無い。
自分達の行動にいちいち悩んでいた前半のスメラギさんやマイスターズのウジウジ演出が、ここでこんな形で生きてくるのか……。

ルイス・ハレヴィ。
あんなにも沙慈にベッタリで我が侭だったのに……と、ちょっと今回のルイスに違和感を感じました。
いつもだったら「なんで私が不幸にならなきゃいけないの!」とかヒステリックに言いそうなのに。
でも、かなり現実主義っぽい性格(宇宙漂流後もお買い物、テロに遭った後も試験勉強優先など)だったので、今の自分と沙慈にとって一番だと思える選択をしたのかなぁ、と。

ここからちょっと妄想なんですけど。
前途洋々だった人生なのに、一瞬にして一族郎党を皆殺しにされ、自分自身も左手首を奪われたルイス……CBへ復讐するためにワザと沙慈から離れたのかな、とも。
もしそうだったら、第二期で一番化けるのはルイスかもしれない。
うーん、妄想し過ぎか。(笑)

クロスロード姉。
次回予告orz
その人はねぇ、その人は……!

次回予告。
じゃあこれから、フラッグ、ティエレン、イナクト……みんなヤドカリ持ちに?!
 
| gundam00 | 03:44 | - | -
機動戦士ガンダム00_18 
『悪意の矛先』
主役と悪役が何人もいるような様相となってまいりました、そんな第18話。

トリニティ組。
無駄なく、ソツなく、三大国家群の主要基地および関連施設を攻撃・殲滅していくトリニティ達。
確かにCB的にはその方が合理的なんだろうけど、ただでさえ心象悪いのに、悪者街道まっしぐらだよ……。
それと、留美と紅龍の会話から、どうやらこの三人は純粋なCBっ子達っぽい。
「一致する生体データが無い」って事は、地上で生活した痕跡が無い(もしくは消去・改竄)とういう可能性が高い。
前回ミハエルがアレルヤに「不完全な改造人間くん」などと煽っていたので、彼らは「完全な改造人間」なのかも?
でも情緒的には不完全……無感情に殺戮を遂行できるようコントロールされた人間なんじゃないかなぁ。
でなきゃ、ネーナのあの魔行動は嫌過ぎる。

トレミー組。
トリニティが出張りすぎなので、迂闊に手が出せないスメラギさん。
データ収集が先決と言いつつ、ハックされてる可能性が高いヴェーダも頼ることが出来ずに打つ手なしって感じ。
あの金目ティエリアでさえアクセスを拒否られるなんて、どんなハックを仕掛けたんだよ、リボンズ!(←確定してるし笑)

ラグナ。
トリニティ組が何回か口にしている言葉。
ラグナとは北欧神話に出てくる『Ragna』で、「偉大なる神々」という意味らしい。
そこから派生したラグナロクという言葉は「神々さえも避けることが出来ない滅びの運命」という予言を意味しているそうです。(参考
ヴェーダが宗教関連の名前を冠しているところからも、ラグナはトリニティ側の量子型演算処理システムなのか。
あの容赦ないミッションをトリニティ達に指示している事から、まさにCB=天上人が「滅びの運命」に向かうよう仕組まれた計画のような気がします。

アレハンドロ・コーナー
で、やっぱりこの人が一番怪しいし。(笑)

ユニオン組。
グラハム氏、スローネアインに大健闘でしたね!
あの展開には燃えたっ。
つーか、この人の戦闘シーンは本当に格好いい。
セリフ回しといい、フラッグのぶん回し方といい、まるで主役のようだ。

刹那、キレる。
しかし、最後の最後はやっぱりこの人が暴走しましたねぇ。
トリニティ達を駆逐って、最後の引きがなんか主役っぽかったよ!(あれ?)

クロスロード姉。
絹江姉さんと沙慈の父親もジャーナリストだったんですね。
取材先で何某かの情報を知ったために亡くなったのか??
娘も同じ轍を踏まなくてもいいと思う。
この人、本当にもうギリギリ過ぎる。

ラブコメ組。
や、やはり欝展開に……orz
今後、沙慈がどんな風にCBや世界に関わっていくのか。

次回予告。
アムロのセリフが怖すぎるんですが。(脂汗)
「復讐する相手は己のすぐ傍にいた」って、ロックオンが刹那に銃を向けてるじゃないですかっ!
でも同じシーンぽいところにティエリアもいたので……ミスリード狙ってますか?
ミスリードだったとしても、ロックオンの復讐相手はトレミーにいるって事だから、どちらにしても嫌な展開だな……。
| gundam00 | 04:43 | - | -
機動戦士ガンダム00_17 
『スローネ強襲』
120年前の木星探査計画。
80年前の木星軌道上の残骸から発見された紫(=トリニティ?)のハロ。
太陽になり損ねた星・木星で、イオリア・シュヘンベルグは何をしようとしていたのか?
「戦争の根絶」という理念に隠された野望の片鱗に触れた、そんな第17話。

上から目線な三兄弟。
つまりあれですね。
トレミー&マイスターズに接触したのって、挨拶がてらに「お前ら全然ダメダメじゃん!」っていうことを言いたかっただけなのか。
自分達のことは「守秘義務があるから」と情報らしいことは何も言わず仕舞いだし。

あと、ミハエル。
ハレルヤとキャラが被ってるような……汗
しかもアレルヤを挑発してたし。この二人、ぶつかるのか?

フェアじゃない。
ヴェーダにこれまでの状況を逐一報告し続けていたトレミー組にとっては、ヴェーダに何も情報が無いトリニティ達を、素直に同じ組織の人間と思えないのは当たり前なわけで。
そのくせトリニティ達は同じ組織として、ヴェーダ上の情報(もちろんトレミー&マイスターズの)はちゃっかり手に入れているわけです。
これが後々ひっかかって来そうな感じですよねぇ。

スメラギさん。
久々に冴えてます。
トリニティ達とのほんの少しのやり取りで、ヴェーダに何かしらの疑念を感じたみたいだし。
自信あり気な表情の彼女はやっぱり頼もしく思える。
いつもこんな調子でいてくれたらねぇ。

ロックオン兄貴。
浜辺でティエリアの胸倉つかんだ時も思ったけど、意外に短気ですよね。
そしてスメラギさんに対しては、投げやりっつーか、醒めたやり取りを結構している気がする。
彼女とは年齢が近いから、兄貴キャラにならなくてもいいので地が出てしまうのかなぁ。

俺に触れるな。
久々に聞いたセリフ。
うーん、直に触られるのも嫌なのね。(笑)

兄弟疑惑。
弟妹に慕われているオレンジのトレミー・ハロ。
そんな彼に幼い頃に生き別れた兄さんが?!(捏造)
……って、トリニティ・ハロとトレミー・ハロ、昔CBのどこかで一緒に働いていたとか??
つーか、ハロブラザーズって実はスゴイ秘密があるのか……?

知りすぎた男。
ユニオンが攻撃される初シーンが、まさかオーバーフラッグスのMSWAD基地とは。
しかもその理由がエイフマン教授の口封じのためだけってorz
うーん、リボンズがアレハンドロに手渡していた情報って、教授の調査資料だったのかなぁ。

怒りのグラハム。
前回は三人、今回は教授とハワードを目の前で殺されて、ガンダムへの憎悪がマックスに。
この怒りの矛先、きっちりスローネに向けて下さい。
まさか見境なく……なんてことはしないよね??

フラグ立て過ぎ。
絹江姉さん、今度はどこへ行くんですか?
知りすぎた男が一人逝ったって事は……orz

そして、ついに。
平凡な日常を送っていたラブコメ組にも変化が。
スペインに帰省したルイス、一体何があったんだーっ?!

そんな訳で待て次回。
「刹那、ガンダムを否定する」って、スローネの事なのか、CBの事なのか。それとも……?
| gundam00 | 11:56 | - | -
機動戦士ガンダム00_16 
『トリニティ』
な、なぜだろう? マイスターズよりもトリニティの方が、ロボット物の主役に見えるのは……。そんな第16話。

トリニティ兄弟。
なんか意外でした。昔のサンライズアニメの主役っぽいというか。三人とも悪者な雰囲気がしない。もっと「俺様」なキャラかと思ってたんですけどね。
特にヨハン兄、落ち着いててすごくまともな人っぽい。(来週あたり本性が表れそうだけど)
真ん中のミハエルは血気盛んだけど、ティエリアとはまた違った方向で、CBの理念に心酔していそうな感じがする。
末っ子ネーナも鼻っ柱強そうなイメージだったけど、ただの我が侭キャラじゃなさそうだし。
これからこの第一印象も変わっていくとは思うけど。

ついでに中の人ですけど。
ヨハンの声、Blood+のハジを若くした感じで良いですね〜。小西さんの落ち着いた系の声も大好きです。
浪川さん、ノリノリだし笑
釘宮さんの女子系の声は初めて聞いたかも。他のキャラと結びつかないなぁ。

ガンダムスローネアイン、ツヴァイ、ドライ。
赤いGN粒子[T]が禍々しい。
このGNドライブ、最後に出てきた専用艦にも搭載されているらしいので(公式より)、トレミーよりも性能が長けているのか……うーん、なんだかなぁ。
監視者達も知らない間に、現行4機&トレミーよりも上っぽい部隊を用意しておくなんて、CBの黒幕は何手先まで状況を読んでいる(読んでいた)んだろう。
ま、この件に関しては、アレハンドロ・コーナーが絡んでいるっぽいよね。(最後、含み笑いしてたし)

やっぱり見てるだけ〜だった監視者達。
CB運営に関して総意による否決権しかないなんて、なんつー後向きな組織なんだ!
じゃ、前向きなプランを立てている組織は一体どこに?ってことで、そもそもヴェーダとイオリア・シュヘンベルグって何者?っていう、初期の疑問に立ち返ってしまったorz

スメラギさん、あなたって人はっ!
やっぱり、マイスターズが生還するなんて予測は無かったんですねorz
離脱作戦が成功しなければ、生還もあり得ない、と。

ヴェーダ。
一方、ヴェーダの予測はどうだったんだろう?、と今にして思ってみたり。
CBの理念を優先させたダメモトな作戦で、4機のMSsを鹵獲されても良かったんだろうか。
特にナドレ。
監視者会合ではナドレの事を「ナドレ・システム」と呼んでました。(やっぱりヴェーダ専用MS??)
あれが三大国家群の手に渡ることは、ヴェーダ的にも痛手だったと思うんですよねぇ。
ティエリアも知らない、別ルートのヴェーダが存在しているのか……?(元は一つのハードディスクをパーテーションで区切っている、みたいな)

崖っぷち。
刹那とアレルヤとスメラギさん。
監視者達?の意見の一致が図れず、彼らの能力に関する疑問点が不問となったようですが。
また何か問題事を起こしたら、降ろされるのは必死って感じですねorz
なんでそんな人達を、マイスターにしたり予報士にしたりしたんだYO!>ヴェーダ

聞いてないぞ、ガンダムっ!
ほんっとにガンダムの事が好きなんだな!グラハム笑

次回、トレミークルーとトリニティが接触する模様。
「理念に隠された野望が鎌首をもたげる」
野望ってCBの誰の野望なんだろう……?
| gundam00 | 09:18 | - | -
機動戦士ガンダム00_15 
『折れた翼』
最初から最後までボコボコorz、そんな第15話。

なりふり構ってらんないのよ!(byミサト@えヴぁ)
な、三大国家群。
4機のマイスターズに対して、832機のMSsを投入しての鹵獲大作戦です。
さすがのマイスターズも、このフルボッコには太刀打ちできずorz
それぞれ確執のある相手に捕まっていきます。あああ……

またしても耐えるスメラギさん。
罠だと知っていたにも関わらず、マイスターズを送り出すしかなかった。
今回もツライ役回りですよねぇ。
一応、現場から離脱するための作戦は考えてあったものの、結局は相手の物量作戦に負けてしまいました。
またしても勝手な妄想ですが。
ビリーから送られてきたデータで作戦内容は知っていた。でも、それをうけて上手く回避できる作戦を立案したら、ビリーに疑われるかもしれない。
もしそこまで考えて、離脱するのみの作戦しか立てられなかったのなら……?
うーん、やっぱりツライよなぁ。
マイスターズの力量にしか縋れない作戦なんて、立てたくなかったろうに。

王留美。
そんなスメラギさんを取り合えずは信用しているようですが、彼女自身はどんな立場なんでしょうかね。
新OPでは、CBと国連の旗をバックに立ってましたけど。
スローネ部隊のことは知っているのかな??(スメラギさん筆頭にトレミークルーは知らなさそうだけど)
もし知ってても、彼女の一存では動かせないとか……うーん、やっぱりCBの組織体制ってよく分からん。

アレハンドロ氏。
回を増すごとに怪しさ満載になっていくなぁ。
次回は監視者同士の会合らしいですけど。
この監視者って、エヴァで言うところのゼーレの老人達みたいなんでしょうかね。

コラサワ氏。
完全にネタキャラになってますが。(笑)
今回はヴァーチェ砲をちゃんと回避してたから、腕だけは確かなんですね、腕だけは!

ハレルヤ。
もうちょっと何とかならんのか、その性格。
やりたい事しかやらないって……結局、女目当てか?!

次回、いよいよスローネ隊の登場。
トリニティということで、三位一体の3機体制のようですが。
マイスターズは4機。
誰か自力で逃げるのだろうか??
| gundam00 | 06:01 | - | -
機動戦士ガンダム00_14 
『決意の朝』
世界が大きく動き出そうとしている夜明け前。
最近の各陣営とCBの状況を解説しつつ、マイスターズの心情にも焦点が当てられた第14話。

第2クール突入。
OPEDが新しくなりましたね!
OPのMSsの動きがムチャクチャ格好エエ〜。しかも使い回しのカットがひとつも無い。
EDはいろんなサービス満載で……笑
肝心の曲ですが、可も無く不可も無く。でもEDは前のが好きだったんだよなぁ。昔の甲斐バンドみたいで。

三大国家代表の非公式会合。
CB牽制に向けて、ついに共同戦線を表明した三大国家。
が、それは建前で本当はガンダム鹵獲が目的なのか。
CB4機対∞……なんつーガンダム無双。
「ガンダムにはそれだけの価値がある」って、スラダンの安西先生が、海南の牧さんに対して言ってたセリフですな。(笑)

マイスターズ。
刹那とロックオン、二人ともオフの時間を持て余し気味でしたね。
きっと余暇になにかしようという気持ちの余裕がないんだろうなぁ。
幸い刹那には、お節介な隣人がいるので一般人との交流もあるけど、人付き合いが良さそうなロックオンにそんな知人が一人も居ないとは……。(皆テロで死んだ?涙)
兄貴属性のせいでトレミーでは気苦労も多いし、オフぐらいは一人でまったりと考え事とかしたいのか。
そういえば最後に刹那がマリナの所へ行ってましたが、「会おうと思えば会える人」がいる彼は、他のマイスターズに比べたら恵まれているのかも。
ルイスにとってのママと同じように、刹那にとっては自分を見つめ直すための拠り所……マリナはそんな存在に変わりつつあるのかなぁ。(マリナ様には迷惑な話だよねぇw)

ティエリアは他のトレミークルーと共に地上へ。
なのに地下のヴェーダ端末の前にベッタリ。
日差しを浴びろよ! 光合成しろよ! ぜーぜーっ
スメラギさんが「人間の精神には日光が必要」って言ってたけど、ティエリアは人間じゃないからいいのか?!やっぱりそうなのか?(笑)

一方アレルヤは秘密のドッグで、おやっさんと一緒にトレミーのメンテ中。
他のクルーよりも体が丈夫って……鍛えてるからだけじゃなくて、人革連時代に肉体も改造されてるからですよね。同じ筋肉系のラッセは地上に降りてたし。
アレルヤも一人で考え事したい人なのかぁ。

つーか、マイスターズの共通点が「一人で考え事したい」だなんて……orz

国連大使アレハンドロとその従者リボンズ。
前回の刹那の非武装行動について不満気なご様子。
「ガンダムは兵器だよ」と言い切ってましたね。
ガンダムを特別視している刹那を一番辛辣に評価しているのは、ティエリアよりもむしろこの二人な気がする。

ユニオン組。
「オーバーフラッグス」と組織名が決定したグラハム隊、さらに12人ものパイロットが配属されました。
グラハム氏、あんな前向きで怖いもん無しって感じなのに、過去に何かあったんですね。
明るくて人当たりが良い印象がある人に限って、心に深いトラウマを持ってたりするのでしょうか? あ、そういえばロックオンもそんな感じか。
OPでライフルを向け合っていたのもグラハムとロックオン。
似たもの同士が宿命のライバルになるのかな??

あと、ビリーは迂闊すぎます。ただの恋心からくる行動だったとしたら。
でももしスメラギさんが、行方不明者リストに入っていると知っての行動だったら……?
例のファイルに何か仕込まれていたのかもしれない。
コピーを取らないで返したスメラギさんの女の感は正しかった、ということに。
真相はどっちなんだろう。

AEU組。
期待を裏切らない人気者コラサワ氏♪
まさかこの人があの名セリフを言うとは!
うーん、スタッフにも愛されちゃってるなぁ。

そして、傭兵サーシェス。
偽名を使ってちゃっかり外人部隊として作戦の参加要請を受諾。
PMCからイナクトかっぱらった件はチャラなのか、それともそんな話は知らないのかAEU?
やっぱAEUってどこか抜けてるなぁ。

人革連組。
あれだけ大規模に鹵獲作戦を展開しておきながら失敗、そして超兵機関スキャンダル。
そのせいなのか、単に予算が無いからなのか、今回は体制自体にあまり大きな変化は見られませんでした。
ソーマは作戦前から張り切ってて可愛いなぁ。

クロスロード姉。
強烈なフラグが……orz



次回予告ではマイスターズがボコボコにされてたけどorz
新MSs、登場するのか?!
| gundam00 | 04:17 | - | -
機動戦士ガンダム00_13 
『聖者の帰還』
刹那とグラハム、そしてサーシェス。
新旧の因縁めいた出会い(再会)が印象的だった、そんな第13話。

うーん、今回はストーリー的には綺麗にまとまっていたので、突っ込みどころがあんまり無かったんですよねぇ。
刹那はちゃんと主人公だったし、グラハムはやけにニュータイプな軍人だったし、サーシェスはやっぱりお金が全てな傭兵だったわけで。

前回「俺はガンダムになれないorz」と言っていた刹那が、「今度こそガンダムに」という切実な願いがどうにか叶っていたのでホっとしました。
ここでまた何かあったら救われなさ過ぎる。
他の方も指摘されてましたが、「聖者の帰還」とは保守派指導者の帰還であり、刹那がガンダムマイスターとしての存在理由を再び取り戻す、というダブルミーニングだったんでしょうね。

そうそう。
ロックオン、素で銃の名手(スナイパー?)だったんですね!
あの若さでそんな技を身につけてるなんて……。
マイスターズって、やはり過去に悲惨な体験をしている人達ばっかりなのか。(涙)

あと貧乏王女のセキュリティ、いくら財政難とは言ってもあれは酷すぎます。
なんとかしてあげて下さい。

短めですが、以上です。
| gundam00 | 13:28 | - | -