<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ブラスレイター、まとめて視聴。 
ずっと録り溜めていた「ブラスレイター」を、やっと先週分まで見終わりました。
うーん、これは面白いです。
今期アニメの中では、かなり硬派、しかも嫌になるぐらい陰鬱なストーリー。
これは巌窟王以来、久々に良いGONZO作品になるかも。

監督はあの板野一郎さん。
印象的な納豆ミサイル(笑)もガンガン登場します。
あと何と言ってもブラスレイター達のCG映像がスゴイ。アクエリオンを観た時もかなりのインパクトでしたが、今回はそれ以上かもしれません。
で、普通はそれで終わっちゃうところですが、このアニメの凄さは映像のインパクトを上回るストーリーの暗さ。(CLAYMOREの暗さに近い)
貧困、差別、虐め……それらを絡めながら、神への信仰とは何なのか?という問いが何度も繰り返されます。
もうねぇ、本当に暗いんですけど、脚本と構成がちゃんと練られているので、長編小説を読んでいるみたいで面白いです。

そしてキャラクターの存在感が半端ない。
最初は駆逐する側が襲う側になり、仲間が敵となり……。
声優さんも素晴らしいです。ちょっと意外なキャスティングで、そこらへんも唸らされました。

これから終盤に向けて一体どうなるのか。
楽しみなようでちょっと怖いです。
ストーリーが破綻することなく、綺麗に着地することを願ってます。
みんな死んじゃうかもしれないけどorz
| other | 09:19 | - | -
夏目友人帳にハマる。 
今期アニメの中ではダントツに面白い。
原作の良さが上手く引き出されているし、淡い感じの絵もなかなか良いです。
それとゲストキャラが豪華ですよね。
今週の燕役だった柚木さんは、儚げな感じでとてもピッタリでした。
来週の子狐は矢島さん。とっても楽しみです。

ちなみに今週のエピソードの浴衣争奪戦で、夏目を「にょぉおおおおおん」とか言いながら追い越していった妖キャラは石田さんですよね??(あの声は朽木君だったよーな笑)
彼が演じる名取さんのストーリー、早く観たいですっ。
| other | 04:37 | - | -
春アニメ終了分の感想。 
遅ればせながら、いつもTBでお世話になっている「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」様のテンプレ企画に便乗してコメントをアップいたします〜
といっても、最終回を迎えた作品で私が視聴していたのは「紅」と「図書館戦争」だけなんですよね。
ニ作品だけで申し訳ありませんが、評価させていただきます。
(点数は5点満点。詳細な評価項目については、上記リンク先でご確認ください)

+++++

「紅」

ストーリー_4
真九朗と紫の絆が最後までしっかりと描かれていたと思います。
両者とも過去(現在に至るまで)に深い傷を負っていたのが、それを認め、先に進もうと踏み出した最終回は良かった。
ただ最後の数話が、駆け足に感じたのがちょっと惜しかったです。
その皺寄せが、最終回の紫の説明的な長セリフになっちゃったのかなぁ、と。
ミュージカル回はとてもウケたし、好きなエピソードではあるけど、番外編としてDVDに特別収録でも良かったかも。
その1話分で、最終回に向けた演出がもっと盛り込めたように思うんですよね。

キャラクター性_5
登場人物全てにキャラが立ってて素晴らしかった!
主人公二人のみならず、脇役まで個性豊か。
特に弥生さんの要領の悪い損な性格が好きでした。

画_4
男性、女性、子ども……とそれぞれの違いがよく研究されてて、滑らかに動いていたと思います。
格闘シーンも見応えがあって良かった。

演出_5
プレスコ方式を生かした演出が随所にあって面白かった。
特に女性同士の口喧嘩のシーンは、通常の録音方式よりも臨場感があって迫力満点。
目の前で本当に喧嘩しているみたいでした。

音楽_3
うーん、あんまり印象に残ってないんですよねぇ。
懸案のOPEDですが、レッドガーデンと同じ演出だったので、そうと知ってしまえば特に違和感はありませんでした。(笑)

総合的な評価_4
今期、一番大穴的な作品でした。
やはり最後駆け足になっちゃったのが本当に惜しかった。
という訳で、総合評価は4点。

総合点_25。

+++++

図書館戦争

ストーリー_3
本の過剰な検閲から図書館を護る……という設定は面白いと思いました。
でも最後まで「戦争ごっこ?」というイメージが拭えずこんな評価に。
戦場(職場)で芽生えた上司と部下の恋愛ストーリー。
教官とのエピソードはお約束満載でしたが、取り合えず綺麗にまとまっていたかな、と。

キャラクター性_4
こちらも個性豊かなキャラがちゃんと立ってて良かったと思います。
ただ、キャラの表現がワンパターンだったのがちょっと惜しい。
例えば、小牧さんはいつも堂上と郁を比べて笑っていたり、普段は巨女で山猿の異名を持つ郁が窮地に立つとすぐに泣いたりとか……毎回だとちょっと鬱陶しかったです。

画_5
プロダクションI.Gだけあって、レベルが高くて良かったです。
特に自衛隊を彷彿とさせるヘリや銃器類の表現はさすがでした。

演出_3
声優さんの演技は申し分ありませんでした!
キャラにピッタリだったと思います。
最終回、郁がインタビューに応えて、それに世論が同調していくという演出は、最後の最後にスッとさせられて気分的に救われました。

音楽_2
EDテーマ『Change』だけしばらくの間ヘビロテしてました。(笑)
あとはあんまり印象に残らなかったなぁ。

総合的な評価_3
やはり設定が少々厳しかったかも。
あまりにも現代すぎて、そのわりに現実感が乏しくて。
でも堂上と郁の今後を観てみたいなぁと思わせるラストで良かったと思います。

総合点_20。

以上です。
| other | 06:18 | - | -
遅まきながら。 
春の新番組、やっと一通り見終わりました。
いやー、今期は良作が多くて毎週見るだけでも大変ですよ。(汗)
その中でいくつかは切ったけど、視聴継続組をいくつかコメントしたいと思います。

マクロスF。
やっぱり面白い!
絵の綺麗さが半端ないし(週一アニメのレベルじゃないよねぇ)、ストーリーの次回への繋げ方も上手い。
実はマクロスシリーズをちゃんと観るのは初めてなんですよ。
デカルチャーって、異星人語だったんですね。知らんかった……(参照
機会があれば過去作品も観たいです。

ところで、キャストの中村さんと神谷さんと中島さんがパーソナリティをしているラジオ番組「マクロスF○※△」、ネットでも配信されていたので聴いてみたんですが。
何、あのカオスっぷり。(笑) マクロスF・セイエイって……www
それとも声優さんのラジオ番組って、いつもあんな感じなんですか??

図書館戦争。
これも予想どおり面白かった。
軍隊を舞台にしたラブコメなんですね。
設定がちょっと極端かなぁと思ったのですが、最近のニュース等を見ているとそうでもないような。(汗)
キャラ画もスッキリしてて見やすいし、逆にヘリや武装などがさりげなくリアルでスゴイ。
あと、久々に石田さんが普通に格好いいキャラ(腹黒っぽいけど)を演じてて、それも毎週楽しみだったりします。

Real Drive。
これはノーチェックでしたが、観たら面白かった。
つーか、設定がちょっと難しいけど。(汗)
公式サイトで設定を熟知してから観るのが正解なのかなー? それってアニメ的にはどうよ?って気がしなくもないのですが。
と、文句垂れてますが、老人とか女の子とか、いろんな試みがあって吸引力は抜群だと思います。
今後の展開が楽しみです。

Soul Eater。
予想どおり絵や動きは素晴らしいんですが、ううううーん。
もうちょっと様子見ですかね。

紅。
何の情報も無しに観たんですが、あれ?デジャブ??と思ってスタッフを確認したら、レッドガーデンの監督さんなんですね。
これもフレスコ方式(声を先に録って、絵の方を合わせて作る)で製作されているので、他のアニメとちょっと雰囲気が違ってて面白い。
ストーリーの方も良くて、ちょっと目が離せない感じ。今期大穴かも。

+++++

以降、ひょっとしたらマクロスFの感想大会になるかもしれません。
あくまで予定は未定ですけど、作品の展開次第??(なんていい加減な)
| other | 06:59 | - | -
春の新作アニメ。 
ちょっと息抜きに、春から始まるアニメの新番組をチェックしてみました。
参考サイト。

マクロスF』。
総監督が河森正治さんで、シリーズ構成が吉野弘幸さん、音楽が管野よう子さん。
これだけで要チェックや!って感じですよね。
声優さんもかなり豪華だし、期待できるんではないでしょうか。

ソウルイーター』。
やっぱりボンズ作品ははずせないっす。
サイトのキャラを見るかぎりではポップな感じだけど(原作未読)、ブリーチみたいなノリなんでしょうかねぇ??
こちらも声優さんが豪華で楽しみです。

図書館戦争』。
ノイタミナ枠でプロダクションI.G。しかも『攻殻機動隊 S.A.C.』、『精霊の守り人』のスタッフが担当されるとか。絵の動きに期待です。
これまた原作未読なので非常に楽しみです。

カイバ』。
キャラとか色使いが手塚治虫みたいでカワイイです。
世界設定もちょっとゼーガペインぽくて面白そう。こういう世界観、好きなんですよねぇ。自分探しっぽい話になるのかな。

狂乱家族日記』。
はっきり言って怖いモノ観たさ。(笑)
設定を読む限りでは、かなりぶっとんでいるんですけど、どうなんでしょうねぇ??

秘密』。
この原作、清水玲子さんの絵がキャラデザに生かされてないー?!(汗)
一応、第1話をチェックしてから、視聴するかどうか決めようかな、と。
動くとまた変わるし……。

コードギアスR2
第1シーズンも観てたし引き続き視聴する予定。
久々に公式サイトを見たら、キャラ設定が面白いことになってて吹いた。(笑)

取り合えずこんな感じでしょうか。
昨年の秋冬に比べて良作が多そうなので、00第2シーズンが始まるまで、なんとか間が持ちそうです。(笑)
| other | 13:08 | - | -
あなたならどのガンプラ? 
ちょっと00とは離れますが。

昨年末の話題らしいのですが、レスが熱くて素晴らしい!
うーん、深い。
| other | 13:43 | - | -
げんしけん2_08 
『こすけん』
現視研の新会長として、新入生勧誘に前向きな姿勢の大野さん。
やっぱり残りのメンバー考えたら不安っちゃー不安ですよねぇ……な第8話。

荻上の葛藤。
コミフェスに当選したものの、自分の妄想を本として世に曝け出す事に、いまさらながら葛藤する荻上。
大野さんが、熱く励ましてて何だか微笑ましかった。
まー、世に出してる自分としては、何故いまさら躊躇する?!とか思ってしまったわけですが(汗)、荻上の場合は過去のトラウマと関係あるんでしょうかねぇ。

今週のクッチー。
いやー、大活躍でしたね〜!!
純正オタクの大野さんと荻上には激しく嫌われてて、この二人にはまともに話せない彼が、非オタクの春日部さんとは普通に会話している図がなんとも可笑しかった。
春日部さんにとっては、大野も荻上もクッチーも同じようなモンなんだろうなぁ。
ま、彼氏がソートー濃いオタクって事もあるんだろうけど。
春日部さんって、どんな人ともちゃんと対峙する余裕があって、人間として凄い人かもしれない。(誉め過ぎか笑)

それにしてもクッチー、万引き野郎に男らしく立ち向かって、コスプレ衣装を取り戻したのにはビックリでした。彼にしては頑張った方だよねぇ。
その後の痛すぎるオタクなフォローさえなければ、もう言う事なかったんだけど笑

で結局、新入生は一人もゲットできず……なのね。
| other | 07:10 | - | -